ドリームタッグ予備校ゼロからの早慶上智ICU対策
ドリームタッグ予備校お申し込み
ドリームタッグ予備校センター英語140
ドリームタッグ予備校の受験勉強を始める前に


 これから皆さんは、ドリームタッグで、辛く厳しい受験勉強にチャレンジしていくことになります。点数は、すぐに上がる人もいれば、全く上がらない人もいますし、むしろ下がる人もいます。

 人によってそれぞれです。うまくいかないな、もう心が折れてしまいそうだな、あきらめようかなと不安になって、弱気になってしまう受験生をこれまでたくさん見てきました。これまで指導した受験生に実際に聞いた考えや、受験をサポートしてきた経験から、受験勉強を始める前に、これだけは頭に入れておいてほしいという考えをこのページではご紹介します。もし受験生のみなさんが、うまくいかない時、点数があがらなくて悩んだ時、このページに書いてあることをもう一度読み返して、困難を乗り越えてください。


「無理だ」と絶対に言わない

「無理だ」と絶対に言わない  よく生徒さんは「無理だ」と言います。「自分が○○大学なんて無理だ」「来週までに課題を全部終わらすなんて無理だ」他にもたくさんの「無理だ」を耳にします。でも、考えてください。やる前から「無理だ」と決めつけるところが、生徒のみなさんの問題点ではないでしょうか。「無理だ」と言う暇があるなら、チャレンジしてください。やる前から、自分の限界を自分で決めないでください。人間、意外とできるものですよ。「無理だ」と決めつける前に、ドリームタッグで様々なことにチャレンジして、新しい自分に出逢ってください。



他力本願ではなく、自力本願

他力本願ではなく、自力本願  そろそろ他人に頼ることはやめませんか?本番の試験会場を想像してみてください。そこにはわからない問題を教えてくれる先生や友達はいますか?そこにいるのは、あなたと、そしてライバル達だけです。頼ることができるもの、それは自分自身だけです。普段から自分自身で問題を解決する能力をつけておかないと、本番で痛い目にあいます。わからないことがあった時、すぐに人に聞く前に、自分でなんとかしようとすべきです。他力本願ではなく自力本願で行きましょう。ドリームタッグでは自力を育てます。



3ヶ月

3ヶ月  この3ヶ月という数字は、受験勉強にチャレンジする時には、キーワードになる数字です。人間は急には成長できません。停滞期間というものが存在します。適切な方法で勉強をして、その勉強の成果が数字として現れるには、だいたい3ヶ月ぐらいかかります。この数字は、私自身の体験と、これまで数多くの生徒さんを指導してきて、わかった数字です。「適切な方法で勉強をして」という部分が非常に重要です。適切でなければ、3ヶ月では成果は現れません。ドリームタッグでは適切な勉強方法を生徒のみなさんに提供します。


TOPへ