ドリームタッグ予備校ゼロからの早慶上智ICU対策
ドリームタッグ予備校お申し込み
ドリームタッグ予備校センター英語140
ドリームタッグ予備校トップ
 
ドリームタッグ予備校早慶上智ICU英語概要

 早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学(ICU)の英語の問題は、非常に難しいです。難しい上に、試験科目の配点に占める割合が多いのが英語です。つまり、私大の最難関大学である、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学(ICU)に合格するためには、英語を如何にして攻略するかが合格を左右します。「そんな当たり前のことわかっているよ!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、少し私の話を聞いてください。きっと新たな発見があると思います。早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学(ICU)を目指している受験生のみなさんは、自分の目指す大学の過去問は見たこと、解いたことがあると思います。過去問に初めて触れた時に、または実際に受験した時に、どんなことを思いましたか?次のように思ったのではないでしょうか?

☑ やはり早慶上智ICUの問題は難しい
☑ 他ではみない特徴的な形式の問題が出る
☑ わからない単語が多すぎる
☑ 抽象的な内容で、読みにくい
☑ 時間が全然足りない など

 他にもどう感じたかは様々だと思います。そして様々なことを感じたあとに、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学(ICU)を目指している受験生のみなさんは、次のようなことをしようと思いませんでしたか?

☑ このレベルの問題が解けるように、難しい問題をやって慣れよう
☑ 特徴的な形式の問題が出るから、その形式の対策しよう
☑ とにかく単語力が足りない。上級の単語帳を買おう
☑ 背景知識をつけるべきだ、新聞や本を読んで知識を入れよう
☑ 時間内にできるように、とにかく速読だ など

 もちろん、上記にあるようなことは、合格のためには重要になってくることです。もう一度言いますね、重要に「なってくる」ことです。なぜ同じことを2回言ったかというと、非常に重要なことであり、みなさんが見落としているかもしれないことだからです。もう一度、先ほどの内容を見返してみると、確かに、受験生のみなさんも感じているように、早慶上智ICUの問題は難しいです。それに太刀打ちできるように、普段から高いレベルの問題に取り組んでそのレベルに慣れておくことは重要になってきます。また早慶上智ICUの問題は、他の大学では見られないような特徴のある形式の問題が出題されます。従って、その形式自体に普段から慣れておき、対策をしていく必要性がでてきます。わからない単語も数えきれないぐらい出てくるでしょう。それらのわからない単語の意味を1つでも少なくするために、今もっている単語帳ではなく、それよりさらにレベルが高い、上級の単語帳を買って、覚えておくと役に立つこともあるでしょう。抽象的な内容や、日本語にしても理解しにくい内容の文章が出題されることも多いです。それに耐えるために、より理解を深めるために、関連する文献を読んだり、新聞の社説などに目を通していたりすることも大事になってきます。時間内に解ききることが難しいので、とにかく読むスピードを速くして解けるように普段から訓練しておくことが合格のカギになってくるでしょう。これを踏まえた上で、もう一度言わせてください。これらの内容は、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学(ICU)の合格のためには重要に「なってくる」ことです。これらのことをやる前に、何か忘れていませんか?おそらく忘れているであろう、または見えなくなっているであろうことについて、次に説明していきます。

ドリームタッグ予備校|忘れていること・見えなくなっていること  先ほどの「早慶上智ICUの英語の対策について」のところで、触れさせて頂いたとおり、おそらく受験生のみなさんが忘れているであろうこと、見えなくなっているであろうことについて説明していきたいと思います。その答えをずばり言います。それは、

レベルの高いことをする前に、「基礎」が抜けていないかチェックすべき

ということです。この「基礎」が抜けている状態で、「基礎」が抜けていないかチェックをせずに、背伸びして難しいことをしてしまうと、これまで早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学(ICU)の英語の対策をしてきた経験上から言えることは、いつまでたっても英語の点数は合格点に達しません。むしろ難しいレベルのことをやっているのに、全然伸びないという悩みに陥り、やる気がなくなってしまうという負のスパイラルに入り込んでしまう傾向が強いです。そうならないためには、どうすればいいのでしょうか?

ドリームタッグ予備校|なぜ基礎が抜けていないかチェックすべきなのか  早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学(ICU)に合格するためには、

レベルの高いことをする前に、「基礎」が抜けていないかチェックすべき

であるということは先ほどご紹介させて頂きました。ではここで、なぜ「基礎」が抜けていないかチェックすべきなのか?ということを説明させて頂きたいと思います。これまで、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学(ICU)を目指す受験生のみなさんに、少しでも効果的な対策を行うために、それぞれの大学の過去問を徹底的に研究してきました。また、自分自身も昔はみなさんと同じ受験生であり、現役の時も、浪人の時も非常に英語に苦労した実体験があります。そしてそれを克服し、無事に早稲田大学に進学することができました。受験生として、対策を行う講師として、その両面から早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学(ICU)の問題と向き合ってきました。それらを通して、ある結論に達しました。

それは、

早慶上智ICUの問題は、「基礎」が抜けていては絶対に解けない問題である

そして

問題が難しいのは、「基礎」を「応用」しないといけないことに起因している

ということです。

 これがどういうことかを説明していきますね。早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学(ICU)の問題を徹底的に分析してみると、まず「基礎」と呼ばれる部分は、頭に完全に入っているという前提が必要です。「基礎」がひとつでも抜けていては解けません。そして問題を難しくしている原因は、抜けが無い完璧な「基礎」の中から、その「基礎」同士を有機的に応用しないと解けないようになっているのです。つまり、「基礎」をマスターしているのは当たり前だけど、そのマスターした「基礎」をちゃんと使うことができますか?本質を捉えず、ただ単に暗記しただけではありませんか?「基礎」をちゃんと「応用」することができますか?ということを入試問題でチェックしようとしているのです。だから、

レベルの高いことをする前に、「基礎」が抜けていないかチェックすべき

ということを、しつこいぐらいに言わせて頂いたという訳です。早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学(ICU)を目指す受験生のみなさんも目からウロコなのではないでしょうか?

ドリームタッグ予備校|基礎が抜けていないかチェックする方法  では、どのようにして「基礎」が抜けていないかをチェックすればいいのでしょうか?私自身、受験生だった時に、大手予備校に通っていましたが、途中からというか入塾して1ヶ月で授業には出なくなりました。早稲田大学を志望していたので、受けていた授業は「早大英語」という授業でした。なぜでしょうか?それは、授業を受けているだけでは、自分自身の「基礎」の部分での抜けが無いかチェックができないからです。予備校によって違うと思いますが、1回の授業の時間を、授業を受けるということに使わずに、その分の時間を、自分自身の「基礎」の部分で抜けているところがないかチェックすることに使いました。ひたすら自分で、自分自身のチェックをしていました。このチェックという作業は、非常に苦労しました。チェックの仕方がわからず、何でチェックしていいのかわからない、どうやってチェックすればいいのかわからない。試行錯誤の連続でした。毎日、「これが正しいやり方なのか?」という不安との戦いでした。この不安は、のちに確信に変わりました。

 不安が確信に変わったのは、自分自身の早稲田大学への合格です。自分自身のチェックの仕方が正しかったということを証明しました。この経験を活かし、講師として、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学(ICU)を目指す受験生に自分がやった方法をそのまま指導しました。すると非常に多くの受験生が志望校に合格してくれました。一体どんな方法で「基礎」の抜けがないかをしたのでしょうか?

 その答えはずばり、センター試験の英語の問題を使うことです。私自身も、これまで対策を行った受験生も、センター試験の英語の問題を使って「基礎」の抜けがないかをチェックし、志望校に合格をしてきました。

ドリームタッグ予備校|なぜセンター英語を使うのか  それでは、なぜ「センター英語」を使って、「基礎」の抜けがないかチェックしたのでしょうか?答えを言う前に、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学(ICU)を目指す受験生のみなさんと「センター英語」の関係を考えてみましょう。早慶上智ICUを目指す受験生は、国公立大学や、私立大学を目指している他の受験生と比べて、「センター英語」との関係は希薄です。なぜかというと、私立大学しか受けない受験生のみなさんで、早慶上智ICUにセンター利用で入ろうとする人は科目数の関係などもあり、いないからです。そもそも早慶上智ICUの中にはセンター利用入試を実施していない大学もあります。すると、こう言い出す受験生が毎年必ずいます。「私は、センター英語は受験に使わないので、大学の過去問解いて対策しているので大丈夫です」と。そういう受験生には、徹底的に「センター英語」を用いて、「基礎」の抜けがないかチェックをしました。すると、まぁ「基礎」がボロボロなことが多いです。

 そろそろ、なぜ「センター英語」を使って、「基礎」の抜けがないかチェックしたのでしょうか?という問いに対しての答えを提示したいと思います。それは、「センター英語」は受験生のほぼ全員が受験するものであり、毎年正解が公表されるテストである性質を持っているからです。センター英語で、「答えが1つに決まらない」だとか、「出題自体にミスがあった」だとか、「選択科目によって公平性に欠ける」だとかというようなことは、絶対に起こってはいけない試験問題なのです。しかし実際は、出題ミスなどはこれまで何度もありました。それだけで、大きなニュースになってしまう性質があるもの、それがセンター試験の問題であり、「センター英語」なのです。どういうことかというと、確実に「基礎」を押さえていて、きちんと解いていけば、絶対に答えにたどり着いて、選択肢の中から答えが1つに決まり、その根拠が大変明確である問題しか出題されないのです。つまり、「センター英語」は、様々なことが吟味され、色んな人たちが集まって、何度もミスがないかチェックが行われた「超良問」なのです。この「センター英語」が持つ性質が、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学(ICU)を目指す受験生がやるべきである、「基礎」が抜けていないかチェックすることに、ぴったりの教材であることの理由です。センター英語で満点に近い高得点を取れない受験生が、「基礎」が抜けている受験生が、早慶上智ICUの英語の問題で合格点を取れる訳がありません。ちなみに、自分自身が受けたセンター英語の点数は現役の時は80点ですが、1浪の時は、197点でした。センター英語は「基礎」の抜けがないかチェックするには最適な問題であるため、センター英語を使うのです。

ドリームタッグ予備校|センター英語をどう使うのか  さてここまでで、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学(ICU)の英語を攻略するには、レベルの高いことをする前に、「基礎」の部分で抜けがないかチェックすべきであり、そしてそのチェックにはセンター英語を使うのが最適であるということを説明させて頂きました、では実際にセンター英語をつかって、どのようにチェックしていくのでしょうか?その答えは、ドリームタッグの無料進路相談にお越しいただいて、その時にご確認ください。実際に図なども用いながら、しっかりとご説明させて頂きます。他では体験できない、ドリームタッグ独自の方法でチェックを行い、そのチェックを元に、あなただけのオーダメイドカリキュラムを作成します。そのカリキュラムに沿って勉強を進めて行けば、センター英語での高得点獲得はもちろん、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学(ICU)の英語の攻略の方法を見えてくるはずです。合格に大事なことは、

勇気を出して、覚悟を決めて、1歩踏み出すこと

ドリームタッグでみなさんにお会いできるのを楽しみにしております。一緒に頑張っていきましょう。

ドリームタッグ予備校のお申し込みへ

ドリームタッグ予備校のお問い合わせへ

TOPへ